シューケアパラダイストップへ
HOMEお手入れ用品通販靴修理通販法記店鋪紹介
靴のお手入れMENU
/ しみこみのいい革 ポリッシュ 革底 合皮 スエード エナメル 牛革以外の革 傷補修 布の用意 脱臭 製法

HOME浅い傷補修>やや深い傷補修
ごく浅い傷やや深い傷

1)革靴のかかとについた傷です。傷のところは、色がはげて薄くなっています。一部分、革の表面がめくれ上がっています。傷自体を修復することは難しいですが、補修して目立たなくすることができます。
2)まず、めくれ上がった革をくっつけるため、皮革製靴用 接着剤ダイアボンドと、つまようじを用意します。ダイアボンドは、革やゴムを強力に接着するボンドです。細かい部分にボンドを塗るため、つまようじのとがったほうの先端を利用します。(接着する革の面積が大きい場合は、つまようじではなく綿棒などを使うと便利です。)少量のダイアボンドをつまようじに取ります。
3)めくれている革の方と、はがれた方の革との両面に、ダイアボンドを塗ります。塗り終わったら、10分くらい放置します。
4)10分くらい放置したら接着面を貼り合わせ、指で押してしっかり圧着します。圧着は、傷の裏側にも指を入れて、傷の裏側と表側の両方から力強く圧着します。
5)これで、はがれた革がくっつきました。あとは薄くなった色を補色します。
6)乳化性の靴クリームを塗って補色します。(→布の用意のしかた)クリームの色は、靴と同等の色を使います。少量のクリームを数回にわけて塗っていきます。画像のように、円を描くように塗るとうまく塗れます。また、傷口まわりは、できるだけ細かい円を描くように塗ると、うまく着色します。(もしうまく着色されない場合は、やや濃いめの色のクリームを使うとうまく着色します。)
7)クリームを塗り終わったら、布のきれいな面を使って乾拭きします。布の面はできるだけ平らにして、素早くスピーディーに布を滑らせ、乾拭きします。美しいツヤが出てきます。
8)うまく着色されて、傷が目立たなくなりました。クリームを塗ったので、つやつやで革がよみがえりました。


<<浅い傷の補修


*以上の手順はあくまでも基本的なお手入れ方法です。皮革の種類や仕上げ等によってお手入れ方法も異なります。
公開している手順により発生した損害等の責任は、当方では一切負い兼ねますのでご了承ください。
革(黒),(茶)-しみこみのいい革-ポリッシュ-革底-合皮-スエード-エナメル-牛革以外の革-傷補修-布の用意-脱臭-製法
HOMEお手入れ用品通販靴修理通販法記店鋪紹介
Copyright(C)PARA SHOE NET Co., Ltd. All Rights Resesrved.

inserted by FC2 system