シューケアパラダイストップへ
HOMEお手入れ用品通販靴修理通販法記店鋪紹介
靴のお手入れMENU
/ しみこみのいい革 ポリッシュ 革底 合皮 スエード エナメル 牛革以外の革 洗浄 傷補修 脱臭 製法
HOME>革靴の洗浄

サドルソープ / レザーソープ(皮革用石鹸)を使って革靴を洗浄する

KIWIレザーソープ(サドルソープ)」を使って、革靴を洗浄します。靴クリーナーでは落ちない、頑固な汚れを落とします。
使用するお手入れ用品は、

1, シューキーパー 2, ブラシ 3, 小ブラシ 4, KIWIレザーソープ(サドルソープ)  5, 台所用スポンジ 6, きれいな布

以上6点を用意します。
1)靴に、シューツリー(シューキーパー)を入れて靴の型を整えます。
2)ブラシでほこりをはらいます。革を痛めないようにあまり力をかけず、できるだけいっぽう方向を心掛けます。特に、ステッチ周りや履きしわ部分など、細かい部分に入りこんだほこりを念入りにかき出します。
3)小ブラシを使って、ソールと甲革のあいだに入ったホコリや汚れをかき出します。ここにたまったホコリに湿気がつくと、甲革のひび割れやカビの原因にもなりますので、念入りにブラッシングします。ここでもできるだけいっぽう方向を心掛けると、ホコリをよくかき出せます。
4)一度水に濡らし、適度に水を絞ったスポンジに、サドルソープを少量つけます。
5)泡立たせるように、甲革を洗っていきます。泡が汚れを浮き出させます。画像のように円を描くようにすると、うまく泡立ちます。
6)泡を素早く拭き取ります。4)〜6)の繰り返しで、靴全体を洗浄していきます。スポンジはすぐに汚れますので、まめに水で洗い流しながら使います。
7)色が薄い革や、しみこみの良い革の場合、画像のようにしみのようになりますが、乾くと戻りますので、気にせず洗浄していきます。革によって心配な場合は、目立たない場所で一度試してから使うようにします。
8)洗浄が終わったら、革が完全に乾くまで(半日〜1日)陰干しします。
9)革がしっかり乾いたら、乳化性 靴クリームでお手入れをします。黒の靴には黒のクリーム、茶色の靴には茶のクリームを使います。画像の靴は、薄い茶色の革のうえ、しみこみのいい革なので、デリケートクリームうす茶(キャメル)の靴クリームを使ってお手入れしています。
10)布を平らにして、乾拭きして磨き上げて完了です。汚れやしみ等がきれいになり、革本来の美しさが復活します。


*以上の手順はあくまでも基本的なお手入れ方法です。皮革の種類や仕上げ等によってお手入れ方法も異なります。
公開している手順により発生した損害等の責任は、当方では一切負い兼ねますのでご了承ください。
革(黒),(茶)-しみこみのいい革-ポリッシュ-革底-合皮-スエード-エナメル-牛革以外の革-洗浄-傷補修--脱臭-製法
HOMEお手入れ用品通販靴修理通販法記店鋪紹介
Copyright(C) Paradise Shoes.All rights reserved.

inserted by FC2 system