シューケアパラダイス トップへ
HOMEお手入れ用品通販靴修理通販法記店鋪紹介
靴のお手入れMENU
/ しみこみのいい革 ポリッシュ 革底 合皮 スエード エナメル 牛革以外の革 傷補修 布の用意 脱臭 製法

HOME>合成皮革のお手入れ
実際に履きこんだ靴(合成皮革)のお手入れ>>

1)靴全体についたホコリを、ブラシではらいます。傷がつかないようあまり力をかけずに、できるだけいっぽう方向を心掛けます。
2)ソールとアッパーのあいだには、ホコリがたまりやすいものです。ここにたまったホコリに湿気がつくと、カビの原因にもなりますので、念入りにブラッシングしていきます。できれば小さめのブラシを使った方がよりベストです。ここでもできるだけいっぽう方向を心掛けると、ホコリをよくかき出せます。
3)濡らして硬くしぼったタオルで、汚れをとっていきます。合成皮革によっては(特にうすい茶色など)シミになる場合がありますので、あまり力を入れてこすらないよう気をつけてください。

通常のお手入れはここまでで完了です。合成皮革の場合は、特にクリーナーやクリームを使う必要がないため、ここで終わらせても問題ありません。ただ、汚れがひどい場合や、よりツヤを出したい場合は、下に進んでください。
4)靴クリーナーを乾いた布にとります。(→布の用意)チューブ入りのクリーナーのほとんどには、ワックスが配合されていますので、拭き取ったあと美しいツヤが出ます。
5)汚れを落としていきます。矢印のように円を描くようにするとよく落ちます。
6)布のきれいな面を使って、クリーナーを拭き取ります。スピーディーに、こするように拭き取っていくと、ツヤが出てきます。

ここまでのお手入れで、十分きれいになりますが、傷があったり、色が薄くなっていたり、色がはげてたりしている場合は、続けて下記手順でお手入れします。
7)乾いた布に、乳化性色クリーム(びん入り、又はチューブ入りのタイプ)をとります。黒の靴には黒のクリーム、茶色の靴には茶色のクリームを使います。(茶色の靴の場合は、靴の色より少し薄めの色のクリームを使った方が、色むらになったり、シミになったりしませんので、ベターです。)
8)クリームを靴全体に塗ります。うすく、まんべんなく均一に塗る事がコツです。右の矢印のように、円を描くような感じで塗るとうまく塗れます。部分的にツヤを出したいところや、色が極端に薄くなってしまっている部分等は、できるだけ小さい円を描くようにすると、よりツヤが出ますし、よく着色します。
9)布のきれいな面を使って、余分なクリームを拭き取って完了です。よく拭き取った後は、布の面をできるだけ平らにして、力をあまりかけないでスピーディーに布をこすると美しいツヤが出ます。


実際に履きこんだ靴(合成皮革)のお手入れ>>


*以上の手順はあくまでも基本的なお手入れ方法です。皮革の種類や仕上げ等によってお手入れ方法も異なります。
公開している手順により発生した損害等の責任は、当方では一切負い兼ねますのでご了承ください。
革(黒),(茶)-しみこみのいい革-ポリッシュ-革底-合皮-スエード-エナメル-牛革以外の革-傷補修-布の用意-脱臭-製法
HOMEお手入れ用品通販靴修理通販法記店鋪紹介
Copyright(C) Paradise Shoes.All rights reserved.

inserted by FC2 system