シューケアパラダイストップへ
HOMEお手入れ用品通販靴修理通販法記店鋪紹介
靴のお手入れMENU
/ しみこみのいい革 ポリッシュ 革底 合皮 スエード エナメル 牛革以外の革 傷補修 布の用意 脱臭 製法

しみこみのいい革
黒色の革 茶色の革 うす茶の革 緑色の革
HOMEしみこみのいい革(黒)>うす茶色(ベージュ)の革のお手入れ


実際に、履き込んだ茶色の革靴をお手入れします。甲革は、ベージュ色に近いうすい茶色の革で、非常に柔らかくしみこみのいい革です。かなり履きこまれ、しみや汚れがしみついています。また所どころ傷があり、色もうすくなっているところがあります。
1)シューキーパーをいれて、靴の形を整えます。
2)革はとても乾燥していて、非常にしみこみやすい状態です。クリーナーを使うとしみや色むらをつくってしまう恐れがあるため、今回はクリーナーは使わずにデリケートクリームを使うことにします。デリケートクリームには多くの水分が含まれていて、革に潤いを与え、また汚れを落とす効果があります。
3)ブラシでほこりをはらいます。革を痛めないようにあまり力をかけず、できるだけいっぽう方向を心掛けます。ストラップやひもは外して、靴全体をブラッシングしていきます。特に、ステッチ周りなど、細かい部分に入りこんだほこりを念入りにかき出します。
4)履きしわの部分は、しわの方向にそってブラッシングすると、しわに入ったほこりをよくかき出せます。
5)小さめのブラシを使って、ソールと甲革のあいだに入ったホコリや汚れをかき出します。ここにたまったホコリに湿気がつくと、甲革のひび割れやカビの原因にもなりますので、念入りにブラッシングします。ここでもできるだけいっぽう方向を心掛けると、ホコリをよくかき出せます。
6)布に、デリケートクリームをにとります。(→布の用意のしかた)けっこうたっぷりめに取るのがコツです。
7)デリケートクリームを塗っていきます。革にしっかりしみ込ませるように、少し力をかけながら一気に靴全体に塗っていきます。矢印のように円を描くように塗っていくと、均一にうまく塗れます。
8)デリケートクリームを塗った直後、クリームがしみこむと一時的に矢印のようにしみのようになりますが、時間が経つと消えますので、気にせず一気に塗っていきます。
9)履きしわの部分は、しわの方向にそって塗り込みます。多少たっぷりめのデリケートクリームを念入りに塗り込むと、革が潤ってしわが伸びていきます。
10)布を平らにして、乾拭きします。靴全体を縦方向(矢印A)に拭いていきます。履きしわ部分は、しわにそった方向(矢印B)に拭き取っていきます。
11)これで汚れも多少きれいになり、乾燥していた革が潤いました。革が潤うと、乾燥してまだらだった色もすこし均一に戻ります。また、デリケートクリームに含まれる多少のワックス効果でつややかになりました。
12)つぎに、補色&コーティングのために、乳化性の色クリームを塗ります。色むらにならないよう、靴の色よりやや薄めの色のクリームを使います。布にクリームを取ります。
13)クリームを靴全体に塗っていきます。矢印のように、円を描くように塗ると均一にうまく塗れます。部分的に色が薄くなっているところや傷があるところには、やや多めのクリームをできるだけ細かい円をえがくように塗っていくと、クリームがしみこんでうまく着色し、傷も目立たなくなります。
14)布を平らにして、余分なクリームを乾拭きしてつやを出します。乾拭きのコツは、できるだけ布の面を平らにして、最初はやや力をいれて余分なクリームを全体的に拭き取ったら、あとはあまり力をかけずに磨くことです。布が靴の表面に触る程度のところで、素早くスピーディーに布を滑らせながら磨いていくと、表面が平らになって美しいツヤが出てきます。
15)最後に、ステッチ周りや穴飾りなど細かいところに入ってしまったクリームを、ブラシでかき出して完了です。
型くずれした靴を整えるために、次に履くまでのあいだシューキーパーをはめたままにしておきます。お履きになる30分くらい前に、溌水スプレーをかけておくと、雨もはじき汚れがつきにくくなりますのでよりGOODです。


*以上の手順はあくまでも基本的なお手入れ方法です。皮革の種類や仕上げ等によってお手入れ方法も異なります。
公開している手順により発生した損害等の責任は、当方では一切負い兼ねますのでご了承ください。
革(黒),(茶)-しみこみのいい革-ポリッシュ-革底-合皮-スエード-エナメル-牛革以外の革-傷補修-布の用意-脱臭-製法
HOMEお手入れ用品通販靴修理通販法記店鋪紹介
Copyright(C) Paradise Shoes.All rights reserved.

inserted by FC2 system