シューケアパラダイストップへ
HOMEお手入れ用品通販靴修理通販法記店鋪紹介
靴のお手入れMENU
/ しみこみのいい革 ポリッシュ 革底 合皮 スエード エナメル 牛革以外の革 傷補修 布の用意 脱臭 製法

しみこみのいい革
黒色の革 茶色の革 うす茶の革 緑色の革
HOME>しみこみのいい革のお手入れ(黒)


実際に、履き込んだ黒い靴をお手入れします。アッパーの革は、カーフ(子牛革)でとても柔らかく、シミになりやすい革です。
1)靴に、シューツリー(シューキーパー)をはめ込みます。シューツリーを入れて履きしわが伸びた状態でお手入れすると、磨き終わった後きれいに仕上がります。
2)ブラシでほこりをはらいます。革を痛めないようにあまり力をかけず、できるだけいっぽう方向を心掛けます。特に、ステッチ周りや履きしわ部分など、細かい部分に入りこんだほこりを念入りにかき出します。
3)ブラッシングでは落ちない汚れもありますが、しみ込みのよい革のうえ乾燥している為、クリーナーを使うとシミや色むらになる恐れがあります。このような時は、デリケートクリームを使います。布に、デリケートクリームをにとります。(→布の用意)けっこうたっぷりめに取るのがコツです。デリケートクリームには、多くの水分が含まれていますので、革に潤いを与え、また汚れを落とす効果があります。
4)デリケートクリームを塗っていきます。革にしっかりしみ込ませるように、少し力をかけながら一気に靴全体に塗っていきます。矢印のように円を描くように塗っていくと、均一にうまく塗れます。また、部分的に色が薄くなっているところや、極端に乾燥しているところには、他の部分より少し多めのクリームを塗り込みます。靴全体が潤うと、色がすこし均一になります。
5)履きしわ周辺は乾燥しやすいので、念入りに塗り込みます。革が潤って、しわが伸びていきます。
6)布を平らにして、乾拭きします。ここでは、かるく拭き取る程度にしておきます。
7)黒のビン入り(チューブ入りのタイプでもOK)の靴クリームを布に少量とります。少量を数回にわけて、靴全体に塗っていく事がコツです。
8)クリームを靴全体に塗っていきます。矢印のように、円を描くように塗ると、均一にうまく塗れます。部分的に色が薄くなっているところには、多めのクリームを塗って補色します。
9)布のきれいな面を使って、乾拭きしてツヤを出します。布の面はできるだけ平らにして、力はあまりかけない事がコツです。布が靴の表面に触る程度のところで、素早くスピーディーに布を滑らせ、こするような感じです。美しいツヤが出ます。
10)最後に、部分的にブラッシングをして完了です。ステッチ周りや、履きしわ部分など、細かい部分に入った靴クリームをかき出します。ここでも、革を痛めないようにあまり力をかけず、できるだけいっぽう方向を心掛けます。
これでシューキーパーをはめたまま数日寝かせれば、型くずれした靴も蘇ります。お履きになる前(30分くらい前)に、溌水スプレーをかけておくと、雨や汚れから靴を守りますので、よりGOODです。


*以上の手順はあくまでも基本的なお手入れ方法です。皮革の種類や仕上げ等によってお手入れ方法も異なります。
公開している手順により発生した損害等の責任は、当方では一切負い兼ねますのでご了承ください。
革(黒),(茶)-しみこみのいい革-ポリッシュ-革底-合皮-スエード-エナメル-牛革以外の革-傷補修-布の用意-脱臭-製法
HOMEお手入れ用品通販靴修理通販法記店鋪紹介
Copyright(C) Paradise Shoes.All rights reserved.

inserted by FC2 system